変わりゆく世に面白く

中小企業診断士。ウエスト・アイ・ランドコンサルティング代表。会社員としてネットショップ支援業務に19年間従事の後山口県萩市へ移住。 地域おこし協力隊として従事しつつ独立。スモールビジネスとは何かを自ら実践しながら追求する。

カテゴリ: 近況

IMG_7008

開業届けを出して1か月半あまりが過ぎました。しかしながらお恥ずかしい話、まだ交通費分も稼げていないのが実情です。けれども最初はそんなものだと割り切っています。最初はなかなかお金が入ってこないことを見越して一応、3年分くらいの事業計画を考えてみました。

利益を出すためには、それまでに相当いろんなことをやらないといけないことが見えてきました。やることリストを書きだすと、今の自分にできるのかと急に不安になってきます。でもそれを実現するためのスケジュールを考えていくのが事業計画なのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、事業計画を組んだだけで満足していては何の意味もなくて、それを実行に移さなければなりません。けれども作った計画書をパソコンに保存しておくだけでは細かい内容を忘れてしまいそうです。そこで、作った事業計画を印刷して自宅の壁に張り出すことにしました。

実は事業計画らしきものを最初に作ったのは3年ほど前、兵庫県協会のプロコン育成塾に通っていた時でした。当時はかなりテンパって書いていたので10年も先まで決めた壮大なものになっています。これもやはり壁に張り出しています。

すると今見返してみると、全てとは言わないまでもあらかた実現してきているような気がするので不思議です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

壁に張り出すことの効果は、毎日目にすることで無意識のうちにやるべきことの方向性が固まることにあります。なので事業計画のほか、とあるセミナーで書いた企業理念ならぬ自分理念?みたいなものも張り出しています。老舗の会社などにいくと事務所の壁に企業理念が張ってあるのと同じですね。

ビジネスの世界ではほとんどのものがデジタル化していますが、こうしたアナログ手法も決して捨てたものではありません。

DSC_3137

生まれではじめて、自動車というものを購入しました。鉄道好きの私はこれまで長距離移動は鉄道と決めていたのですが、さすがに2時間に1本しか列車がやってこないこの地でそれではどこにも行けません。これでは仕事でクライアント訪問もできないので車を持つことにしました。とりあえず走ればよいと思っているので12万キロ走行済みの13年モノです。何も考えず30分で購入決めました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、中古車と言えどもそれなりの値段はしました。今年これだけお金を使ったのだから事業利益が出ませんでした。なので税金払えません!というわけにいきません。自動車は複数年にわたって事業に利用されるものだから、その経費を複数年に案分してみなさいよ、という仕組みがあります。これがすなわち「減価償却」と呼ばれるものです。

詳しい計算方法は、国税庁のホームページなどを参照いただくとして、私の場合は2年間で償却(2年間に案分)する事になりました。(新車の普通車の場合は6年となります)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自動車を買うと、ガソリン代や自動車税など付随する経費も増えてきます。これらも事業の負担になるから税金が安くなる!っと思ったらこれもそうは単純にいきません。私のような個人事業主の場合、プライベートで自動車を使用した分は経費としてカウントされません。ガソリン代や自動車税はどこまでがプライベート分か分かりにくいため、走行距離の比率で案分するのが一般的です。

これまでペーパーゴールド免許を誇っていたので、極力自動車には乗らないつもりではいるのですが、償却が完了するまでに何処かにぶつけて乗れなくなって「固定資産除却」、なんてことにならないように大事に乗りたいと思います。

DSC_0183

先日、税務署に行き開業届けを出してきました。
これで晴れて、個人事業主です。届け出は意外と簡単で所定の用紙1枚に必要事項を書くだけ。職員さんからあれこれ聞かれることもなくすぐ終わりました。

で、さらにせっかくなので青色申告で行くことにしました。青色申告にすると最大65万円の特別控除、簡単に言うと利益を65万円分減らしたとして税金を計算してくれてその分所得税を払わなくてよくなる制度が利用できます。白色申告だと10万円しか控除されないなのでとても得なのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ただし、青色申告を選択すると事業の帳簿を複式簿記でつけなければいけないというルールがあります。私もいままで家計簿くらいならつけていたのですが、実際に複式簿記をつけるというのは初めてです。でも心配いりません。いまは会計ソフトが難しい仕訳はやってくれます。会計ソフトも年間数千円の負担で済みます。(弥生会計なら1年間お試し無料!※別に回し者ではありません。)

帳簿をつけるために、銀行口座を分けることにしました。萩には今まで使ってた都銀のATMが一台もないという事情もあったのですが、生活用の口座と事業用の口座を分けることで事業経費をはっきりさせやすいというメリットがあります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

山口県の開業率は、2017年現在で4.9%と全国平均5.6%と低調です。確かに大都市圏に比べて経済が活発でなく起業に思い至る人が少ないということなのかもしれません。しかし、明治維新後仕事にあぶれた武士たちが夏みかんを植え出したように、苦しいときこそ新しいことを始められるスピリッツがもともとあるはず。

私もそれにあやかって頑張ってやっていこうと思います。
開業届けも青色申告も始めるのはとても簡単なのですから!

WIN_20200106_18_06_01_Pro

萩に引っ越してきてから約2週間が経ちました。
今回の引っ越しで、インターネット回線の契約で失敗をやらかしてしまいました。

東京から山口へ引っ越すので、光回線を移動するにはNTT東日本の契約を解約して、NTT西日本と新たに契約をするものとばかり思っていました。ところがNTT東日本に電話をしてみると契約者の中に私の名前は存在しないというではありませんか!

どういうことかと調べてみると、プロバイダのサービスの中に光回線のサービスも含まれていて、NTTから回線を借りているプロバイダーと契約をしていることになっていたのでした。既に新たにNTT西日本と契約を済ませていたためプロバイダの方に契約解除を申し出ると、違約金を請求されてしまったのです。

プロバイダから届いていたご利用ガイドを見てみると確かに小さな文字で「36か月までに解約の場合は違約金(20,000円)をお支払いいただきます。」の一文がありました。そんなの見てなかったなどと言ってっても後の祭りです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2020年4月からは消費者との定型の契約書(定型約款)に関するルールが変わります。それまでの民法では、契約が成立するには原則として当事者が内容を認識していることが必要でした。4月からは、それが一方的に相手方に不利益を与えるものでなければ、約款を契約内容とする旨を表示さえすればよいこととなりました。

ネット通販などが普及し不特定多数の人との契約するケースが増えたため、定型約款に関して民法に明記し、契約をスムーズにすることが合理的である、という趣旨によるものです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これにより通販事業者などにとっては契約がやりやすくなりそうです。他方、消費者にとっては、一方的に不利益な条文は入っていないとはいうものの、契約内容を知らずに契約が進んでしまうケースが多くなりそうです。

私のような失敗を犯さないように、契約書にはやはりじっくり目を通す、という癖をつけておきたいものです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本経済新聞 2020年1月6日(月)付
「法律・ルールこう変わる」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53897060X21C19A2TCJ000/

DSC_2676

半年ぶりのBlog更新となりました。
実はその間に、会社員という立場を捨て2020年より山口県の萩市に移住しました。
40歳を過ぎて新たな冒険に踏み出したこととなります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

地域おこし協力隊として市の仕事に従事しつつ、中小企業診断士として独立を果たすこととなりました。
資格を取ったのが2017年。経営コンサルタントとして助言をするのが中小企業診断士の仕事ではあるものの、自ら大企業という組織に属し何も経営したことがないのは果たしていかがなものかと悶々とした日々が続いていました。
いずれ独立をと考えてはいたときに地域おこし協力隊の話を耳にし、副業も許されるというこの制度を利用することとなったというのが、決断に至ったいきさつのひとつです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いま、小学生に将来なりたい職業を聞くと「ユーチューバー」が上位に来るといいます。私が子どものころや就職を迎えた年齢のころは、まだ「いい会社」に勤めることが良しとされる価値観が一般的でした。

しかし、IT技術が発達しAIが存在感を増すと、インターネットを通じて情報を集めコンピュータやスマートフォンがある程度のベストな選択肢を導きだすことができ、個人の力が会社の知の集積を凌駕することも難しいことではなくなります。

そのため、これからの仕事に求められるのはその人らしさであり個の力であると、元旦の日経新聞の特集も伝えています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「面白くこともなき世に面白く」

これは萩が生んだ幕末の志士、高杉晋作の辞世の句だといわれています。
幕末の世、幕府を通さずとも海外の新たな情報が入り始めた時代、まさに個の力で世の中を切り拓く突破力こそが明治維新を呼び起こしたのでしょう。

この萩の地が輩出した先人たちに学びながら、奮闘するさまをこれからも伝えていきたいと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本経済新聞 2020年1月1日(水)付
「消える仕事、生まれる仕事 「職業」より個の力が鍵に」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53792110V21C19A2SHB000/

↑このページのトップヘ