変わりゆく世に面白く

中小企業診断士。ウエスト・アイ・ランドコンサルティング代表。会社員としてネットショップ支援業務に19年間従事の後山口県萩市へ移住。 地域おこし協力隊として従事しつつ独立。スモールビジネスとは何かを自ら実践しながら追求する。

カテゴリ: 企業応援

IMG_7008

開業届けを出して1か月半あまりが過ぎました。しかしながらお恥ずかしい話、まだ交通費分も稼げていないのが実情です。けれども最初はそんなものだと割り切っています。最初はなかなかお金が入ってこないことを見越して一応、3年分くらいの事業計画を考えてみました。

利益を出すためには、それまでに相当いろんなことをやらないといけないことが見えてきました。やることリストを書きだすと、今の自分にできるのかと急に不安になってきます。でもそれを実現するためのスケジュールを考えていくのが事業計画なのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、事業計画を組んだだけで満足していては何の意味もなくて、それを実行に移さなければなりません。けれども作った計画書をパソコンに保存しておくだけでは細かい内容を忘れてしまいそうです。そこで、作った事業計画を印刷して自宅の壁に張り出すことにしました。

実は事業計画らしきものを最初に作ったのは3年ほど前、兵庫県協会のプロコン育成塾に通っていた時でした。当時はかなりテンパって書いていたので10年も先まで決めた壮大なものになっています。これもやはり壁に張り出しています。

すると今見返してみると、全てとは言わないまでもあらかた実現してきているような気がするので不思議です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

壁に張り出すことの効果は、毎日目にすることで無意識のうちにやるべきことの方向性が固まることにあります。なので事業計画のほか、とあるセミナーで書いた企業理念ならぬ自分理念?みたいなものも張り出しています。老舗の会社などにいくと事務所の壁に企業理念が張ってあるのと同じですね。

ビジネスの世界ではほとんどのものがデジタル化していますが、こうしたアナログ手法も決して捨てたものではありません。

DSC_3137

生まれではじめて、自動車というものを購入しました。鉄道好きの私はこれまで長距離移動は鉄道と決めていたのですが、さすがに2時間に1本しか列車がやってこないこの地でそれではどこにも行けません。これでは仕事でクライアント訪問もできないので車を持つことにしました。とりあえず走ればよいと思っているので12万キロ走行済みの13年モノです。何も考えず30分で購入決めました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、中古車と言えどもそれなりの値段はしました。今年これだけお金を使ったのだから事業利益が出ませんでした。なので税金払えません!というわけにいきません。自動車は複数年にわたって事業に利用されるものだから、その経費を複数年に案分してみなさいよ、という仕組みがあります。これがすなわち「減価償却」と呼ばれるものです。

詳しい計算方法は、国税庁のホームページなどを参照いただくとして、私の場合は2年間で償却(2年間に案分)する事になりました。(新車の普通車の場合は6年となります)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自動車を買うと、ガソリン代や自動車税など付随する経費も増えてきます。これらも事業の負担になるから税金が安くなる!っと思ったらこれもそうは単純にいきません。私のような個人事業主の場合、プライベートで自動車を使用した分は経費としてカウントされません。ガソリン代や自動車税はどこまでがプライベート分か分かりにくいため、走行距離の比率で案分するのが一般的です。

これまでペーパーゴールド免許を誇っていたので、極力自動車には乗らないつもりではいるのですが、償却が完了するまでに何処かにぶつけて乗れなくなって「固定資産除却」、なんてことにならないように大事に乗りたいと思います。

DSC_0219

本日、萩インキュベーションセンターにて「はぎビズ」が開設されました。萩市が中小企業やスタートアップ企業向けに無料で経営に関する相談を受け付け、売上アップをサポートする仕組みです。

センター長に化粧品業界のブランドマネージャーなどを経験した獅子野さんを迎え、販路開拓や新商品・サービス開発を中心にサポートします。予約をすれば1時間の相談が受けられ、そのあとも何度でも申し込みが可能です。すなわち単発の相談で終わるのではなく、継続的にサポートが受けられるのが特徴です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「はびビズ」は静岡県富士市の「f-Biz」をモデルとしています。自治体が経営の専門家を集め、すべて無料で相談を受け付けています。すでに同じモデルを活用した〇-Bizは、大阪府大東市や長崎県壱岐市など全国に20か所以上もあります。

これまで自治体の中小企業支援策というと、補助金など直接的に金銭補助をするものがメインでしたが、こうした情報提供を主体的に行うのは画期的です。実際、地方に住んでみると東京などの大都市に比べ情報が圧倒的に不足しているということを肌で感じられます。資金的な援助よりも行動につながりやすい「知恵」の提供の方がニーズが多いということの表れなのではないかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

地方には豊かな自然や、歴史ある建造物などまだまだ眠っている資源がいっぱいあります。そこに「知恵」が注入されることにより新しいビジネスが生まれ、面白いことが始まる予感がしています。

萩市ビジネスチャレンジサポートセンター・はぎビズ
https://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/49/h28853.html

富士市産業支援センターf-biz
http://f-biz.jp/



 DSC_3083

夕方の地方ニュースを見ていたら、萩市の明倫学舎という観光施設で、マンホールカードが配布されるという話題が流れていました。マンホールカードというのは、下水道への理解・関心を高める目的で、下水道工法プラットフォームが発行するゲームカードのようなものです。全国のマンホールの絵柄が印刷され、現在累計502自治体、605種が存在します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご当地でこうしたカードを配布することで、カードを目的に観光客が来訪することが期待されます。そのターゲットはすなわちこうしたものを集めたがる収集癖のある人ということになります。収集癖をもった人には「さみしさを紛らわしたい」「人より優越感を味わいたい」といった複雑な心理があるとも言われています。

であるとすると、カードを入手するという目的が達せられるとすぐに帰ってしまうという可能性も大いに考えられます。かつて流行ったビックリマンチョコで、カードを手に入れられたらチョコレートを捨ててしまう子どもが現れ社会問題となったのと同じです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ならば、その地で見られるマンホールの種類を増やしてしまうのが得策です。たとえば、夏みかんが一つ多いレアマンホールを萩市内のどこかに設置すれば、それを探すために街中を回遊してくれるでしょう。

マンホールをうまく使って街おこしをしているのは、静岡県の沼津市です。沼津市はアニメ「ラブライブ」の舞台となっており、9人のキャラクターと校章や全員集合した絵柄など計11種類のマンホールが街中にちりばめられています。しかも、4か月に1回ずつカラーマンホールになるキャラクターが入れ替わり何度も来訪したくなる仕掛けになっています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

何かのファンというものは収集癖が強く、それを飽きさせない仕掛けがあってさらにファンが育っていくものです。ファンを飽きさせないようにするには常に種類やシリーズを増やしていくのことが求められます。

マンホールカード(下水道広報プラットフォーム)
http://www.gk-p.jp/activity/mc/

ラブライブ!サンシャイン!!マンホール(沼津市)
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/sumai/gesui/topics/h30/secchi.pdf

DSC_2437

萩市の地域おこし協力隊ではありがたいことに、住む部屋を用意してくれました。ただ、独り身の私にはワンルームの部屋があてがわれることに。写真からもわかるようにガラクタが捨てられない私は、これまで引っ越すたびに部屋を広くせざるを得ない状況でした。

今回は心を鬼にして、不用品を徹底的に処分して引っ越しに望みました。おかげ様でなんとか新しい部屋にすべての荷物を入れることができました。荷物が減ってみると生活がシンプルになってなんだか気持ちがいいものです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2020年1月9日付の日経一面に「縮む消費、ミニマリスト台頭」という見出しの記事が出ていました。1980年から2000年ごろにかけて生まれた「ミレニアム世代」は、モノを買い集めることに価値観を見出さず逆に極限までシンプルな暮らしをすることを理想としているのだそうです。

なにものにも縛られず身軽に生きる。なんとなくわかります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

モノづくりの現場でも生産効率を上げるために、「整理」「整頓」「清掃」の3Sを掲げる会社は少なくありません。この中で最も大事なのは「整理」、すなわち不要なものを処分することです。その時に役にたつのが「赤札」と呼ばれる印です。

DSC_2434

私も今回の引っ越しの時に、持っていけない物に片っ端から目立つところに赤い養生テープを張っていくようにしました。赤い札が張られていることで処分をしなければいけないということが明確になります。毎日、赤札を目にすることになるのでリサイクルショップに電話したり、友だちに声をかけてみたりと、自然に具体的な行動に出るようになるのです。

私生活にしろ職場にしろ、不要なものに縛られず効率的に過ごすためには、まず「使わないものを捨てる」という意思表示を自らに投げかけるということが大事です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本経済新聞 2020年1月9日(木)付け 朝刊より
「縮む消費、ミニマリスト台頭」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54193730Z00C20A1MM8000/

↑このページのトップヘ