1795757_662935880433315_1606828975_n

山口県萩市は観光業が主要産業。このご時世、春が来たというのに観光客数が伸び悩み飲食店や旅館は非常に苦しい状況に立たされています。明日の生活もままならないという切実な声があちこちから聞かれるようになりました。

ただ、団体客を当てにしていた大規模な旅館や食事処の打撃は大きい一方で、個人客がメインのゲストハウスやレストランはまだましなようです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

もっともこの騒ぎが始まる以前から個人客の割合は増えており、(一社)日本旅行業協会の統計では2016年時点で個人旅行が8割近くのシェアを占めているとされています。その変化に対応できなかった業態の事業者が苦戦しているとも言えそうです。

島根県松江市ではこの状況が収束したのちに個人旅行者を取り込むために「おせわさん」というサイトを活用しようとしています。これは個人の旅行者とおもてなしをしようとする地元の人をマッチングするサイトで「水引のアクセサリー制作」「日本刀の体験」「お菓子と日本語の教室」といったユニークな「おもてなし」が掲載されています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

もっとも私が萩にはまったきっかけもゲストハウスに宿泊し、その場で予約した銀細工をやったことからでした。そのときは2日間にわたり作業をしたためにほとんど観光地を回ることはできませんでした。けれどもそのことが却ってそこで出会った人との繋がりを濃密にし、何度も通いたくなるほどの魅力に取りつかれてしまったのです。

個人客が増加した理由の一つとして、スマートフォンの普及が挙げられます。情報はガイドブックではなくインターネット上にあふれており、個人でも観光地を動くことが容易になりました。そしてSNSを通じて人と人が繋がりやすくなり、旅する人ともてなす人の出会いが新たな観光の価値を生み出しているのではないかと思います。

「松江流アクティビティ」ポータルサイト おせわさん
https://jp.matsue-osewasan.com/