24993545_1544152488995904_7154763263904401638_n

今日は2020年1月17日。寝ている間に地震に見舞われる夢を見て目が覚めました。
そういう夢を見る事は時々あるのですが、この日にそんな夢を見たのは何かの因果を感じずにはいられませんでした。

当時私は横浜の高校に通っていました。いつものように朝テレビをつけると、阪神高速が横倒しになった映像が飛び込んできました。ちょうど半年前に遊びに行って見た光景が変わり果てた姿となっていて、ショックを隠し切れませんでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

あれから25年、その間に主要産業も鉄鋼や造船などの重厚長大産業から医療産業へと転換し、ポートピアランドは医療関連の企業や研究所の集積地へと様変わりしています。震災復興事業として医療関連の企業を誘致したのがきっかけです。

いまや神戸の街もすっかり賑わいを取り戻しました。けれども決して元の姿ではなかったのです。少し不謹慎な言い方になりますが、震災がもしなかったら今のように変化を遂げることはなかったのかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

近年、災害が多くなりまた人口減少による産業の衰退が目立つようになってきました。しかし変化を遂げるにはそれらをまず受け止めることからしか始まりません。神戸の25年間の変化はそう教えてくれているような気がします。

2020年1月17日(金)付け 日本経済新聞
「神戸、阪神大震災機に転換模索 重厚長大から新産業に」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54529590X10C20A1EA4000/